経理で思い通りの人生を歩める|向かうところ敵なし

頼りになる

電卓

経理は企業のお金の流れを整理し、経営状況を判断するための資料を作成したり、税務署への申告業務を担当したりします。日々の主な業務は、領収書(レシート)の整理、会計ソフトへの入力、現金の清算などがあり、最低でも日商簿記3級程度の知識が必要です。企業の経理部に努める場合、簿記の知識を必要とするため、多くは簿記資格の保持が必要となりますが、未経験で採用している企業もあります。また、就職先が製造業など原価計算が必要な業種(製造業)の場合には、最低条件として日商簿記検定二級の資格が必要なこともあります。企業の経理部は業種や、会社によって経理業務のやり方が異なります。また計算方法や領収書(レシート)の扱いもそれぞれ異なります。

企業の経理は特に資格がなくても務まります。会計ソフトへの入力が滞りなくできる程度のパソコン操作やコピーができれば良い場合も多く、税理士や公認会計士のように国家資格を取得しなくても問題ない場合があります。しかし、専門的な知識を持っているファイナンシャルプランニング技能士や税理士に依頼することで、ミスなく対応してもらうことが可能となります。中小零細企業は特別に顧問税理士を雇うと経費が掛かると考えていますが、いまは必要なときだけ依頼可能なサービスも増えているので、経費削減を行なうことも出来ます。特に月末など経理部門が忙しくなるときだけ依頼してもいいかもしれません。また急に経理部門担当者が入院や体調不良などになった際でも、こういったサービスを利用することで早急に対応してもらえます。

もらい事故でも安心

交通事故

第三者による事故に巻き込まれた際は保険を使って解決することができません。このような「もらい事故」にあった場合は大阪の弁護士会に相談して交通事故に精通した弁護士を紹介してもらいましょう。弁護士に相談すれば保険会社を相手に正当な権利を主張してくれるほか事故に関する証拠集めや資料作成なども行ってくれます。

親が亡くなった場合には

メンズ

人が亡くなると、様々な種類の事務手続きが必要になります。それを相続人自身が全部自分で処理しようとすると、大変な目にあってしまう可能性が高いです。そのため、東京では弁護士などの専門家が提供する相続サポートサービスを利用する人が増えてきています。

起業をお考えの方

男性

起業や独立をする場合、その分野についての実務経験である人であっても関係官庁への各種申請や資金調達などについては未経験であることが一般的です。また、近年では起業に際して補助金が出るケースもありますので、役所への申請手続きなどは起業支援の経験豊富な税理士などの専門家に相談してみるのがよいといえます。

このエントリーをはてなブックマークに追加